おくの不快記文

おくの不快記文

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

注射が終了した後は怖い!と伝えていました

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。





そうしたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。





このことを知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、初めて知った事実です。





インフルエンザの予防としていいといわれているものに乳酸菌があります。





およそ1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組を見たことがあります。





私の子供が受験の時期だったので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。





乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが格別にいいそうです。





乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは周知の事実です。





しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではという疑いを持つひともいます。





でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、従って身体全体の健康に大変役立つのです。





アトピーだと大変に耐え難い症状が出ます。





季節関係なしに1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。





汗をかく夏場は痒みが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。





そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。





この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をお試しで頂きました。





どんな商品でもそうですが、試してみないと品定めできないものです。





サンプルの入浴剤はとても肌に馴染んで、良い印象を持ちました。





ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。





アトピーにとても効く化粧水を日頃から使っています。





友人に教えてもらった化粧水は、私の悪化したアトピーを大変きれいに整えてくれたのです。





今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、今では楽しみになりました。





手で顔を触る度に素肌がサラサラしていることを実感しています。





一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食材などです。





大変な便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態になっております。





この状態を消えさせて、うんちを出やすくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。





ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として目を止める存在となっています。





事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きが強くなり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内の状態を整えてくれます。





乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには欠かしてはならない重要な成分であります。





ここ最近の研究でインフルエンザの予防には乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。





というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。





常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力がアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。





おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。





おならの臭気の原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。





ということで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防止する力のある乳酸菌を継続して摂取することで臭気をだいぶ抑えることが出来ます。





おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。





おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。





というわけで、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ役割をする、乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭いを相当、減らせます。





花粉症となった以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。





二年前から花粉症を発症し、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。





でも薬を利用するのは気が引けたので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを飲んでみました。





今の段階では、これで花粉症の症状が軽くなっています。





インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。





その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、すぐに高熱となり、その状態が3日から7日続きます。





種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状が微妙に違います。





でも、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、油断できない感染症です。





ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。





年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部では相当の数の人がかかているのが現状です。





いくつも感染経路は可能性がありますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する時に感染することが考えられます。





便秘にいい食べ物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食材などです。





しつこい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になっております。





この状態を改善して、うんちを出やすくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。





乳酸菌を取り入れると色んな効用があります。





まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、腸内の環境を良くします。





その結果に、免疫力がアップして、沢山の健康に対する良い効果が得られます。





アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。





乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いんです。





アトピーの角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも減少していて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が少なくなっています。





これを補足して健康に近づけるには、保水保湿が大変大事です。





そのために、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使う事が必要とされるのです。





息子がインフルエンザにならないための接種に伺いました。





注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射針を注入されています。





注射が終了した後は怖い!と伝えていました。





見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。





ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として目を止める存在となっています。





オリゴ糖を添加された乳酸菌の活動は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれます。





そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには非常に重要な成分であるといえます。





腸内環境を整えていると肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、そのじつ、ヨーグルト同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。





「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。





これではちょっと恥ずかしかったです。






市販の青汁まとめ
  1. 2016/8/30(火) 18:39:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる
MORK